親子三世代でAirbnbゲストとの国際交流を楽しむ | チエコさん & ヒトシさん

きっかけは娘さんのすすめ


近所に住む娘のミチコさんのすすめでAirbnbホストを始めた、大阪在住のチエコさん・ヒトシさんご夫婦。空き部屋を活用できるという気持ちもありつつ、英語や外国人との接し方もあまり分からないため、どきどきしながらはじめてみました。

“ゲストとそこまで親しくなれるとは思ってなかったですね。” – ヒトシさん

英語も片言で、知らない方を泊めることに不安を感じていたチエコさんも、これまで迎え入れてきたゲストはみないい人ばかりで、接している内に親しみが湧いてきて、ゲストとの交流をとても楽しんでいます。

夏にはゲストに浴衣を着せてあげて、近所のお祭りにお孫さんと出掛けることもあります。その際は、近所の方々もいろいろと食べ物を持ってきてくれ、海外からのゲストをあたたかく迎えてくれています。

3世代集まってのゲストとの宴会

“孫やら集まって最後にゲストと歌を歌ったりするのが楽しいですね。” – ヒトシさん

ゲストとの夕食には娘さんご夫婦やお孫さんも集まり、三世代で国際交流を楽しんでいます。毎回ゲストと一緒に歌を歌って楽しむのが定番で、言葉が通じずともゲストも一緒になって盛り上がります。

ゲストの中には、夕食が楽しかったという理由で、再び韓国や台湾などから泊まりにくるひともいる程。

迎え入れたゲストからの誘いでアメリカへ

アメリカから結婚30周年で訪れたご夫婦のゲストとはとても親しくなり、その後自分たちの結婚40周年記念も込めて、人生2度目の海外旅行で彼らの家に泊まりにいきました。現地では、球場やルート66の終着点など、いろいろな場所を案内してもらい、素敵な思い出となっています。

“ゲストが帰られるときには、涙を流しながらさようならするのがいつもの行事ですね” – チエコさん

はじめは不安ではじめたホストですが、身振り手振りでも気持ちが通じ合い、これからも世界中のゲストとの交流を楽しみにしています。

ビデオを見る